5児の育児と家事に追われっぱなしの主婦による日々のたわごと。


by lefteye2

<   2006年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

名付けの悩み。

うちは上の二人の誕生後、
名付けであたふたした散々な二週間を送りました。

しおんの時、ほんとは「紫雲(しうん)」でした。
意味が「聖人や神仙などがいるところにたなびくめでたい雲」だったので
珍しくてちょっと日本的な感じでいいかしらと思って決めてたら
お義母さんが辞書に「死人を迎えに行く雲」って書いてあったって
メモまで書いてきてくれて・・・
まぁあたしたちが見てたのは名付けの本だったので
そういう悪い意味は書いてなかったんだけど
結局それでボツ。

そんで
わたしたちにとって初めての子供であり
いつまでもかけがえのない存在であることを願って
「この上なくありがたい恵み。この上ない恩恵」という意味の
至恩(しおん)になりました。

たすくの時もいろいろ悩んで悩んで
ほんとに決まらなくて
佑(天のたすけ)と玖(黒色の美しい宝石)で
このきれいな黒い宝石のような瞳を持つこの子に
いつまでも天のたすけがありますようにという意味を込めて
佑玖(たすく)になりました。

なんつって。
後から話せばまとまってるけど
出生届出すまでのリミットでよくこんなに迷ったねって感じで
二人でああだこうだやってました。

あたしはこだわらないんだけど
ダンナ殿が画数とか濁点はだめだとか
いろいろこだわってんのよね。
うちの親は何にも言わないけどお義父母さんたちは
何かと言ってくるみたいだし・・・

でもまぁ今回は
誠一郎です。
私は本気だ。

巻誠一郎万歳。
[PR]
by lefteye2 | 2006-07-28 17:11 | 育児
二児の母であり第三子妊娠中の主婦たるもの。
365日、休みなく毎日働いております。

でも最近
ほんの少しでいいから自分の時間が欲しいです。
誠一郎(勝手にお腹の子の名前)が産まれれば
あたしは誠一郎の世話に追われ・・・
世話と言うよりおっぱいという他の人には頼めない
重要なポジションになるわけで・・・
なおかつ二人の大将中将も健在なわけで・・・

ダンナ殿は毎日お仕事夜遅くまで頑張ってくれております。
それはそれは家族のために働いてくれているので
とてもとても有り難く感謝いたしておりますよ。
でも
会社がお休みの日はちゃんとお休みな訳でしょ。
会社に行かなきゃ仕事はしないでいいから
朝ものんびり寝てられるし
自分のことを好き勝手やってられる時間が
ちゃんと「お休みの日」として存在してるわけだもん。

でも
あたしにお休みの日はないんですよ。
朝から晩まで掃除洗濯家事育児。
そういう生活が嫌だってわけじゃないんです。
子供がいてダンナ殿がいて
なおかつみんな健康ってことは
これ以上ない幸せなことだって
心では充分理解してるんです。

男の人が働かないと困るけど
主婦も働かないと困るのよ。

以前はたまにはダンナ殿と二人でお出かけしたいなぁなんて
思ったものですが
今はとにかく一人でいる時間が欲しいです。

今日はちょっと堪忍袋の緒が切れることがあって
もう限界です。

こういう気持ちになるのって妊娠してるからなのかな・・・

欲しいものもやりたいことも我慢して
毎月のやりくりも大変で
なおかつ同居で気も遣い
・・・あたしは主婦で母である前に一人の人間だよ。

家事育児に追われてる他のママさんたちは
こういう時、どうやって乗り切ってるんだろう。
[PR]
by lefteye2 | 2006-07-03 21:03 | ぼやき