5児の育児と家事に追われっぱなしの主婦による日々のたわごと。


by lefteye2

カテゴリ:育児( 106 )

もうね、

クリオネ。
b0030592_10361069.jpg

[PR]
by lefteye2 | 2007-01-13 10:37 | 育児

しおんとママと絵本

しおんが行ってる幼稚園は図書室があって
毎週火曜日に本を借りてきます。

自分で選んで借りてくるんだけど
しおんは毎回、大好きな「虫」関係で攻めてきます。
今まで何度となく「かまきり」だの「だんごむし」だの
虫が苦手なあたしにとってかなりヘヴィーなものを借りてきました。

一度だけ虫と関係ないのを借りてきたんですが
「妖怪絵巻」みたいなかなりドロドロしたもので
我が息子の脳みその先行きを不安に思いました。

いっつも「虫」ばっかりで
そりゃ本人が好きなんだからいいんだろうけど
さすがに同じ本を三回借りてきたとき
このままでいいのかと・・・。

絵本を借りてくる日の朝、
幼稚園に送りに行きながら
「しおん、いっつも虫の本だからさ
今日はママにきれいなお花の書いてある本を借りてきてよ」
ってお願いすると
「うん、わかった。しおんね、ママにきれいなお花が書いてある絵本を
たーくさん借りきてあげるね」と自信満々に答えてくれました。
あぁ・・・ほんとに子供ってかわいいわ。
ママもちょっと虫以外のきれいなかわいい本を見たいです。ほんとに。
どんなの借りてきてくれるかな〜。楽しみだわぁ。

幼稚園に着くと主任の先生が迎えてくれたので
「今日はしおんにあたしに本を借りてきてって頼んだんですよ」
「あら〜、しおんくん。ママに何の本借りてきてって頼まれたの?」

「裸の人が載ってる本」

っておい!そんなの頼んでねぇですよ!!!

主任の先生がバカ受けして
「ママにそういう本は他で探してって言っておくね」
ええ、他で探します・・・ってんなわけねぇですよ!!!

もうね、アホかと。

結局その日しおんが借りてきたのは
裸の原住民が表紙に書いてある昆虫採集の本でした。

先生曰く
しおんはその日、いつもより時間をかけて一生懸命
本を選んでいたそうで・・・
その結果、裸の人と虫が一緒に書いてある最強の一冊を見つけ出したのでした。

あ〜。子供ってかわいいわぁ。
毎日が生コントです。
[PR]
by lefteye2 | 2006-12-16 01:27 | 育児

もうね、あほかと。

カナダ人男性、発熱した赤ちゃんを冷凍庫に入れる | Excite エキサイト

お前が入って頭冷やせ。
[PR]
by lefteye2 | 2006-11-27 01:38 | 育児

注射はお好き?

先週、しおんとたすくのインフルエンザの予防接種に行きました。

実家の近くに1回1500円という破格の医院があって
一昨年からずっとそこに行ってるんだけど
何で予防接種って病院によって値段が違うわけ?
どこでも同額にしてくれ。同じ注射なんだから。
しかも子供は2回やるからちょっとの差でもバカにならん。
うち、二人だし。

医院に着くと実家のじぃじとばぁばが
しおんとたすく会いたさに来てくれていました。

呼ばれるとしおんが「じぃじ、一緒にいこ」というので
じぃじに一緒に付き添ってもらうことになりました。
先にたすくをやってもらったんだけど
もう家を出るときから「注射、イヤっ」って言ってたくらいだったので
そりゃもう泣くに泣いておりました。
しおんはずっと「たすくは泣くけどしおんは泣かない」と言いながら
その様子をみてました。
おとなしくちゃんとしてたのでしおんは心配ないかなって思ってました。

「次、お兄ちゃんどうぞ」
看護婦さんがしおんに声をかけた次の瞬間、
しおんは猛ダッシュで診察室から脱走。
あいつ、おとなしくなるほど怖かったのか・・・
脱走兵をじぃじが強制連行。
あたしが抱っこして・・・いや羽交い締めにして
なんとか完了。

二人とも泣いたり脱走したりなんだかんだあったけど
無事に終わったので帰ろうとするとしおんが絶叫をあげながら大泣き。
「しおん、もう終わったから大丈夫だよ」
ピギャーっ!!!・・・泣き止まない。
最近まれに見る本気の大泣き。
よっぽど怖くて痛かったんだなぁ・・・かわいそうに。
「もう注射終わったから大丈夫だよ。お家に帰ろう」

「イヤーッ!もっと注射やるー」
・・・!?!?!はぁ?!
痛くて怖くて泣いてるんじゃないんですか?

「もっと注射やってー!!!」

・・・しおんくん、何だねキミは。

「じぃじも注射やってー!!!」

もうね、かなり理不尽かと。

しおんの本腰入れた意味不明の号泣は
かなり続いていました。

「しおんは一体、どうしてほしいんだ?」
しおんの本腰入れた号泣っぷりに
じぃじもお手上げでした。

やっぱり子供っておもしろい。
発想というか考え方が狙ってなくて素直。

明後日、2回目の予防接種なんだけど
また大変でおもしろいことになりそうです。
[PR]
by lefteye2 | 2006-11-23 23:49 | 育児

ツヤなし無造作ヘア

リーゼント。
b0030592_845357.jpg

[PR]
by lefteye2 | 2006-11-23 08:45 | 育児

あっという間に

2ヶ月経ってました。
それにしても赤ちゃんの目って
なんでこんなに澄んでてキラキラしててつやつやなんだろ?
白目はもちろんだけど黒目もすごくきれいなのよ。
ほんとに透き通ってる感じ。

しかしれいやはそのきらきらした目を・・・

今から3週間前のその日、
あたしは夕食の支度をしていました。
れいやはベビーベッドで機嫌良く起きていて
兄貴二人もミニカーで遊んだりポンキッキやらを見ていました。
ほのぼのした夕方でした。

すると突然まさに「ピギャーッ!!!」と
れいやの絶叫が。
急いで駆け寄るとれいやは大泣き。
部屋の隅にたすくが座っていました。
「れい、どうしたの!?」って聞いても当たり前だけど泣くだけ。
しばらく大泣きしてやっと泣きやんだとき・・・
なんか起きてるのに不自然な感じで目をつぶったまま。
どうやらたすくが目をつっついてしまったらしい・・・。

でもその場を見た訳じゃないし・・・
とりあえずその後おっぱいもちゃんと飲んでて
目も開けたので大丈夫かなって思ってましたが・・・

次の日、右目の白目が赤く充血していて
眼科にすっ飛んでいきました。
幸い、黒目に傷はなく大事にはならなかったけど
こわいわー。

たすく、きっときらきらしたれいの目を
さわりたくなっちゃったんだろうなぁ・・・。

b0030592_12581460.jpg

[PR]
by lefteye2 | 2006-11-10 14:46 | 育児

お芋掘り

しおんが明日、幼稚園でお芋掘りをしてきます。

すごく楽しみにしてるみたいで
一週間くらい前から「明日お芋掘りの日?」と聞いてきます。

今日、ほんとにやっと「明日お芋掘りの日」になったので
「しおん、明日お芋掘りだよ」と言うと
満面の笑みを浮かべながら
「しおんね〜、お芋掘りにママとパパとたーくんとれいちゃんと
じいじとばぁばとおじいちゃん(私の父)とおばあちゃん(私の母)と
みーちゃんとしゅんくん(いとこ)と変なおじさんと
みーんなで行くんだよ」

あらあら、そんなにみんなを誘ってくれてありがとう。

・・・ときにしおんくん、変なおじさんって誰のこと!?
[PR]
by lefteye2 | 2006-10-31 01:24 | 育児

はじめまして

三男坊の伶弥(れいや)です。
b0030592_021211.jpg

今週の月曜日、やっとこ家に帰ることができまして
一家離散の家族もやっと一つ屋根の下で
暮らすことができました。

やっぱり家族っていいもんですな。

しおんもたすくもすっかりお兄ちゃんになって
ちゃんとれいやのお世話をしてくれています。
しおんは「赤ちゃん、とってもとってもかわいいね」って
言いながら側でにこにこしてるし
たすくは「れ〜い〜」って言いながら
いいこいいこしてくれてる。

男三兄弟。
これから大変だけど
やっぱり兄弟っていいもんだね。

三人とも、私の子供で産まれてくれてありがとう。

ほんとに幸せです。
[PR]
by lefteye2 | 2006-10-20 00:22 | 育児

ただいま一家離散中

出産してからもう一ヶ月。
妊娠中よりも大切な産褥期を実家で過ごしております。
里帰り中、家の床がギシギシなるので
フローリングの張替え工事を頼んでおきました。
どうせなら誰もいないときにやってもらったほうがいいもんね。
薬剤とか気になるし、赤ちゃんいるしね。

三男坊の名前ですが
私の中では最有力だった誠一郎に決まりまして・・・
というのはありえませんで悠仁でもなく(れいや)です。

心と体を休める大切な産褥期。
・・・のはずが

出産の次の日にしおんが発熱。
その次の日にたすくも発熱。
それまで二人ともすごく元気だったのに急にですよ。
二人とも風邪だったんだけど・・・人に預けてる分、余計に心配しちゃうよね。
ほんとはしおんもたすくも連れて実家に帰りたかったんだけど
しおんは幼稚園があるから家で同居のばぁばに預けて
たすくはあたしの実家で過ごすという一家離散の危機を迎えました。

退院して実家に帰ってもたすくがまだ風邪っぽくて
とにかくれいやにうつらないようにとヒヤヒヤしながら
鼻水たらして咳をしながら近づいてくるたすくを遠ざけておりました。

なんとかたすくの風邪もなおって
れいやにもうつっていなかったので
これで一安心ってなわけでしたが
おや?夜中の授乳時あたりから頭が痛いなって
・・・・・熱が8度です。
あたしが風邪引いてしまいました。
とにかく頭が痛い。かなづちでガンガン叩かれるような痛さ。
下を向くとさらに激痛なのでとにかく授乳が辛い・・・。
ヘロヘロのまま、自分で運転してなんとか病院へ。
病院で検温すると9度2分になってたので
注射してもらって即効熱さましを飲んで寝ました。
さすがに先生に「お母さん、これは辛いでしょう」とおっしゃりましたよ。
なるべく母乳で頑張りたいので授乳してても大丈夫な薬を出してもらい
れいやにうつらないことを祈りながらマスクしながら授乳。
とにかく気合で次の日の昼過ぎには平熱に。
母体からの免疫があるとはいえ、
れいやにうつらないか心配でしたが
元気になんとか乗り切ってくれました。

とはいえ未だ一家離散中。
離れているしおんのことがすごく気になる。
しおんも寂しいんだろうけどあたしも寂しい。
たすくとれいやはずっとあたしと一緒にいるけど
しおんだけ離れてるのがかわいそうで・・・
幼稚園を休ませてもいいからしおんも一緒にいた方がいいと思って
実家に呼んだんだけど「お家に帰る」って帰っちゃったのよ・・・
やっぱ4歳ともなると微妙なお年頃で環境の変化とか
れいやが産まれたこととか敏感に感じてしまうのよね。

あぁ・・・早く我が家に帰って
いつも通りの生活に戻りたい・・・

明日、いよいよ一ヶ月検診。
それが終われば帰れるわ・・・って
フローリングの工事、22日に終わる予定だったのに
まだ始まってもいないのよ!
注文した材料が来ないだの、やっと来たら来たで
色が違うだの、大工が悪いだのああだこうだと・・・
大体去年の年末から工事するって言ってて
ぜんぜん来てくれなくてやっとこじつけたと思ったらこれだよ!
まだ建てて4年も経ってない一応新築なんだけど
ダメな工務店で今までもいろいろドアだの床だのいろいろあってねぇ・・・

ってなわけで
まだまだ一家離散生活は続きそうです。
[PR]
by lefteye2 | 2006-10-02 16:49 | 育児

遅ればせながら

ご報告が遅れました。

9月2日、無事第3子出産いたしました。
その週の火曜日に検診にいったところ、
「もう子宮口2センチ位、開いてます。柔らかいしそろそろかな」とのこと。
もう正産期に入っているし2800gはあったので
「いつ産まれてもいいですよ」状態を迎えました。
いよいよいよいよ!
ってなわけで
とりあえず雑巾掛け、雑巾掛け、雑巾掛け!!!
とりあえず歩け、動け、階段上って下りまくれ!!!
といった具合に安産目指して動き回ること三日間。

9月2日の深夜2時。
なんかお腹痛くて目が覚める。きっと便秘だね。
トイレで頑張る。でも出ない。
布団に入る。お腹痛い・・・!?
とりあえず時計見る。2:17。
・・・また痛い。2:27・・・。
・・・2:35。ぐっと痛い。
三回目にしてやっと思い出しました、この痛み。
便秘じゃないです。陣痛です。
とりあえず病院に電話。
「三人目なんですけどもう気がついたら10分切っちゃってて・・・」
「入院の支度をしてすぐいらしてください」
・・・とりあえずパパをギリギリまで寝かしておいてあげて
その間に支度して・・・ってさっきよりグンと痛みが増して参りましたね。
痛いけどすごく冷静になれたのは
いい意味でも悪い意味でも三人目ってことで・・・。
大体支度ができてからパパを起こす。
「あのさ、陣痛来たから病院連れてって」
「ぁえ!?」まさに寝耳に水。「今間隔どれくらい?」
「もう10分は切ってる」「もっと早く起こしてなよ!」
パパもさっさと支度して子供たちをばぁばに頼んで
午前3時ちょっと前にそそくさ病院へ。

深夜の国道一号線。トラックでけっこう混んでます。
家から2個目の信号でパパが黄色から赤のタイミングで急ブレーキ。
その時、ドバーッと大破水!
「おわー!破水しちゃった」
それから陣痛がくる度、ドバーッと流れでる感覚が。
あわわわわわわわ・・・
痛いわ、破水はするわ、まさにお産へまっしぐら!

病院へ着いたのが3時半ちょっと前。
産まれたのが3:58。

危ないところでした。ギリギリですよ!
何せパパなんか駐車場に車停めに戻って帰ってきたら
もうあっという間に産まれてしまいました。

あたしも陣痛室入ってすぐ着替えて内診して
「はい、もう分娩室行きますよ」って
分娩台乗ってまだまだかかるだろうなぁって思ってたら
「はい、もうイキんで」・・・ってもうそんな?
「もう赤ちゃん出てくるよ」・・・ってもうほんと?
・・・さっきちょっと前にあたしはトイレで頑張ったのは
便秘ではなくイキんでしまった・・・???

・・・ってなわけで一回イキんで産まれました。
すごく痛いのが凝縮されてあっという間に産まれました。
超安産でした。
最初に陣痛を意識してから二時間も経たず
元気に産まれてくれました。

っていうかほんとにギリギリセーフ。
よかったよかった。

3288gの元気な男の子でした。

まずはご報告まで。
[PR]
by lefteye2 | 2006-09-20 17:21 | 育児