5児の育児と家事に追われっぱなしの主婦による日々のたわごと。


by lefteye2

ストップ!少子化!!

ご無沙汰しております。
どうも大変長い間更新していませんで
前回の大晦日から早や2ヶ月も経ってしまいました。

なんで今までがんばってなんやかんや更新してたのに
めっきり今年に入ってご無沙汰いたしておったのかと言いますと
新年早々、いろいろ忙しかったわけではありますが
何を隠そう、第三子妊娠。
ただいま12週、4ヶ月に入ったところでございます。

はっきりいって
男の子二人、子育てに余裕があるかというと
一切あるわけもなく
体力、精神力、経済力のどれをとっても全てにおいて
ギリギリのところであります。
寝ても覚めても子育て、育児、こどもこどもこどもたち。
自分のことなんかかまってる時間はないのです。
自分の好きなことなんてやってる時間はないのです。

でもでも
そんな育児に追われて自分が見えないような忙しさの中で
なんだかんだ不平不満を漏らすことがありながらも
私はそんな毎日が、そんな生活が幸せなのであります。

自分の時間はあと10年経てばいくらでもできるけど
あと10年経ったら子供を産むことはできませぬ。

自分の子供といいますが
それ即ち自分とパパの子供。

未だに誕生日やクリスマス、ホワイトデーはまぁこの際良しとして
あたしにプレゼントを一度もくれなかったり
こたつで寝るなといってもいっつも寝てたり
洗濯すると大変なことになるから
ポケットにティッシュやゴミを入れたままにしないでと言っても
ゴソゴソ入れてあったり
とにかく毎週ハードオフに行くようなパパであっても
私にとってはかけがえのないこの世で一番愛すべき人なのであります。

怒りんぼで気が短くて気分屋で熱しやすく冷めやすく感情がすぐ顔に出る
どうしようもなくわかりやすくて嘘のつけないこんな私と
一生死ぬまで付き合ってくれる物好きは
パパ以外世界中探しても絶対いない、いるわけなし。

と思ったときに
既に二人、大将、中将とおりますが
もう一人くらい頑張ってみようかなと思った次第でございます。

ってなわけで
三回目のマタニティライフ。
初回よりも、さらに二回目よりも
ぐーんとパパをはじめ周囲のみなさまの
「妊婦をいたわり心配してくれる指数」は大幅にダウンしておるわけですが
とにもかくにも
命は愛すべき人と育むもの。
お腹に宿った新しい愛しき命が
とにかく健康で元気で産まれてくれるように祈りながら
食べづわりでじゃがいも系を異常に欲する毎日です。
[PR]
by lefteye2 | 2006-03-04 17:39 | 育児